切れ痔の症状

手術不要で切れ痔を改善!当サイトオススメメソッド

切れ痔の症状

便をしている時に、お尻から出血を伴う鋭い痛みを感じることがあるでしょうか。
その時に見られる出血が、お尻を拭いたトイレットペーパーに少量つく程度であったとしたら、切れ痔である可能性が高いです。

 

「激しい痛み」と「少量の出血」、この二つが切れ痔の症状としてあげられます。

 

 

切れ痔は、専門用語で「裂肛」とも言われます。
この字からも想像できるように、切れ痔とは、肛門の上皮部分である肛門管が切れる、あるいは裂けることでできる痔のことです。

 

肛門管には血流があまり多くないので、切れ痔による出血の量は比較的少量です。
前述したように、お尻を拭いた紙に血がつく程度の量で済みます。

 

中には便に傷口の血がついて、トイレの水がその血で赤く染まる場合もあります。

 

 

一方、肛門管には沢山の神経が通っているので、ここが裂けると激しい痛みを感じます。
一般的に、大便が肛門を通る時に痛みを感じますが、傷口によってはお尻を拭く時に感じる人もいます。
また、ひどい場合だと、排便後も半日以上激痛が続く人もいます。

 

 

切れ痔は便秘や下痢により、肛門の皮膚が傷ついて起こる痔で、根本の原因を直さない限り悪循環しやすく、傷が治りかけても再び切れてしまうことが多いです。
最初は浅かった傷が、何年も放置していると、傷が固く深い古傷となります。
古傷が固く収縮するので、肛門がますます狭くなります。
最終的には肛門狭窄という、便が出しづらい状態になり、最悪の場合完治するために手術が必要になります。

 

このような症状が出ている場合、早急に何かしらの対策を講じましょう。

切れ痔の対策

症状がみられた場合でも、初期であれば自力で改善できることは多いようです。
適度な運動・正しい食生活を心がけましょう。

 

当サイト上部で紹介しているメソッドは痔に特化した運動のDVDですので、運動をする際には非常に有益なものです。
ぜひ参考にしていただければと思います。


HOME