再発

手術不要で切れ痔を改善!当サイトオススメメソッド

再発を未然に防ぐために

地震と同じように、忘れた頃に再びやってくることが、切れ痔の特徴でもあります。
便は毎日していることなので、古傷が再びダメージを受けて、また傷を作ってしまうケースは珍しくありません。
体質や生活習慣は染み付いて引きずりやすいので、再び起こってもおかしくないのです。

 

もし切れ痔が再発してしまっても、症状が軽いようだったら生活習慣を見直して、傷口を清潔に保つなどの対処で大丈夫でしょう。

 

しかし、同じ箇所を傷つけてしまうことはよくないことです。
最初は浅かった傷も、炎症を起こしてさらにひどい状態になりかねません。

 

痛みや出血量など、少しでも気になるようでしたら、専門医に診断された方がいいでしょう。

 

ストレスが切れ痔再発のトリガーになることも

ストレスは便秘や下痢など、腸の不調をもたらします。
ストレスによって自律神経に影響がもたらされ、同じく自律神経によってはたらきを支配されている、胃や腸のはたらきが弱まってしまうためです。

 

そして「原因を知ろう|切れ痔SOS」でも触れたように、便秘や下痢は痔の大敵です。

 

だから、再発したことを変に悩んでいると、余計に切れ痔を治りにくくしてしまいます。
確かに、一度治った切れ痔が再発し、排便時に肛門の痛みをまた感じることは辛いことだと思います。

 

ですが、食事や睡眠などの生活習慣を見直すきっかけを再び与えられたのだと、前向きに考えてみてはいかがでしょうか。
再発を悲観的に思わないようにするだけでもストレスが軽減されるでしょう。

 

そうして過ごしていれば、いつの間にかお尻を拭いたトイレットペーパーに血が見られなくなるでしょう。

切れ痔を再発させないためにすべきこと

切れ痔を再発させないためには、日常の生活習慣を正す必要があります。
食生活を正し、適度な運動を心がけましょう。

 

また、再発防止と治療は似た側面があるので、こちらのページも参考になると思います。
ご自分の切れ痔の症状と見比べてみてください。
→ 切れ痔の治療法


HOME