かゆみ

手術不要で切れ痔を改善!当サイトオススメメソッド

切れ痔のかゆみの原因と対策

切れ痔の症状としては痛みが特徴的ですが、人によってはかゆみを感じることがあります。
傷が小さい初期の状態や、傷が治りかけていくときにかゆみを感じることが多いようです。

 

皮膚にできた傷が治っていく時に、傷口にできたかさぶたかゆくなった経験があるかと思います。
これは、かさぶたの細胞(死んだ血球のかたまり)が患部を刺激しているために感じます。

 

切れ痔は肛門の皮膚の傷が原因です。
通常のかさぶたで生じるかゆみが、切れ痔の時にも起こると考えられます。

 

 

また、便や分泌液が、傷口に付着していることによってかゆくなっている可能性もあります。
便自体が化学物質のため、それによって刺激を受けて、かゆく感じてしまいます。
また、傷口から出る血液そのものも、かゆみを引き起こすとも言われます。

 

対策としては、肛門を清潔にすることが第一です。

 

しかし、トイレットペーパーで肛門をゴシゴシ擦ることは皮膚そのものに優しくないのでタブーです。
傷口を悪化させてしまいかねません。

 

また、強く擦ると便を奥へと押し込んでしまう可能性もあります。
肛門を拭く際には、優しく拭き取りましょう。

 

トイレに備え付けのウォシュレットや、シャワーで洗い流すことが、切れ痔のかゆみ対策にはとても効果的です。

 

 

また、かゆみを抑える薬も市販されています。
ボラギノールM軟膏レーバンG軟膏プリザエース注入軟膏が代表的です。
薬剤師と相談して、自分にあった薬を見つけてもらうとよいでしょう。


HOME